家計を助ける節約術、水道資産を理解して日頃から管理長持ちさせることも無駄な費用を節約する方法です。

節約家計&暮らしと生活の知恵ガイド−「あぜ道.ネット」家計の節約・暮らしに役立つ生活の知恵ガイド
水道水そのまま飲んでる?

生きるための大切な飲み水どうやってきているか知っていますか
 
  家計の節約

  光熱通信費の節約術

  電気代の節約術

  水道代の節約術

  ガス代の節約術

  電話代の節約術

  食費の節約術

  食材の保存

  手作り調味料

  残り物の活用

  食材購入費を節約

  交通費の節約術

  回数券・カード

  車の維持費

  車の燃費

  暮らしでエコロジー

  雨水の有効利用

  生ごみを家庭で処分

  暮らし&生活の知恵袋

  台所の知恵袋

  掃除の知恵袋

  食品の知恵袋

  衣料の知恵袋

  健康の知恵袋

  知恵袋投稿

  暮らしの悩み解消

  健康の悩み

  美容の悩み

  ストレス解消|癒し

  家計|お金の悩み

  家計を助ける副収入

  初級編

  中級編

  上級編


  HOME >>公共料金の節約 水道料金の節約 >>水道まめ知識

 水道まめ知識

 下水道まめ知識

 (PR)
  浄水器&飲料水比較Guide









  上水道とは?(生活に不可欠。安全で安心な飲料水を提供してくれる施設)

  上水道・・・厚生労働省または都道府県知事が認可した水道事業者により

         供給される水。

         供給戸数5000戸までを簡易水道事業それを超えるものを

         一般に水道事業と言います。

         「上水道」とは下水道と区別するための呼称です。

         (浄水場などで水質検査を行い供給)



  井戸水・・・地下水をポンプなどで汲み上げた水。

         (飲み水などに利用する場合、保健所の検査が必要)
 
  配水管と給水装置(公共財産と個人財産)

  配水管・・・・・公道部分に埋まっている水道を直接供給する管。

          直径300mmを超えるものを配水本管、それ以下のものを配水支管

          と呼びます。(管理:水道事業管理者)



  給水装置・・・配水管から分岐して敷地や家屋に供給するための

          水道管(給水管)や器具の総称です。(管理:所有者・使用者)
 
  直結給水方式と貯水槽方式 ※ポイント1管理がちゃんとできているか

  直結給水方式・・・配水管内の水圧で直接蛇口に水道水を供給する方法です。



  貯水槽方式・・・・・水道水を一度貯水槽に貯めポンプで増圧して蛇口まで

             供給する方式です。

             配水管の水圧で供給できる高さに限界があるため

             マンションなどに多く使われます。

             一度貯水槽に貯めるため貯水槽の衛生管理が必要で貯水槽の

             管理者は自主的な定期清掃が必要です。



  近年、飲料水にミネラルウォーターを購入する人が増えているのはマンションと

  その居住者が増えているのも要因のひとつでしょう。



  貯水槽方式の衛生管理は所有者責任ですが過去、一部の所有者による

  管理のずさんさが原因の水質トラブルが多くあっています。



  都市部では貯水槽の衛生管理の問題解決や水質保全のため貯水槽方式のかわりに

  給水装置に直接増圧ポンプを介して直接蛇口に供給する直結増圧方式の導入が

  進んでいます。
 

(PR) 浄水器&飲料水Guide
  指定工事店制度−(工事を依頼する業者さんはお役所に登録されていますか?)

  上水道や下水道の工事・清掃・点検などは技術が必要なためほとんどの自治体では

  登録制度をとっています。



  必要な場合は登録指定された工事店にお願いしましょう。

  (自治体に問い合わせしたら教えてくれます。)
  気をつけよう悪徳業者 ※ポイント2「お役所の依頼」の言葉だけで信用せず必ず確認

  都市部などでは上下水道の普及が進み、「役所からの依頼」,「上水道や

  下水道の点検」
などを装い敷地内に立ち入り、「異常がある」として

  修理・清掃などで高額な料金請求をする詐欺が多いようです。



  敷地内に入れるときは身分証明書の提示を求める。お役所に確認の電話を入れる

  などして詐欺に気をつけましょう
 
  鉛管問題と水質ポイント3 水質の不安をすばやく察知し相談を

  早くから水道が普及していた地域の給水装置には鉛管(なまり製の管)が

  多く使われていました。

  近年この鉛が溶けだした水を長期間にわたり飲んでいると人体に有害であることが

  わかったので水道局などでは積極的に取替えをしているようです。



  ことは鉛管のみにとどまらずわたしたち使用者も意識向上が必要です。

  給水装置に使われている水道管は永久物ではありません。

  技術が進んでいるとはいえ十数年もすればまず水道管の中はさびが出ます。



  水道事業者は道路の水道管から直接つながっている蛇口からでる水の水質は保障

  されますが原因が給水装置の老朽化などであればそれは保障も何もないのです。

  (使用開始とき以降、要望がないと蛇口の水も検査はありません。)



  ちなみに水質検査は異常を感じた際、水道局に電話すれば無料

  してくれるはずです。


水道関係の公的資格・国家資格      管工事施工管理技士    給水装置工事主任技術者
節約家計&暮らしと生活の知恵Guide